たまには人妻系デリも刺激的

1ヶ月に1回か、3ヶ月に1回、俺は仕事で上野に来ています。
俺が上野に来るときは、必ず一泊での出張になるのですが、毎回必ず上野のデリヘルで遊ぶことがお約束になっています。

俺の許容範囲は、18歳から40歳までの女性。
俺自身は28歳なので、年下から年上まで10歳程度が許容範囲になっています。

基本は年下のデリヘル嬢を指名するのですが、仕事上で会った取引先の事務をしていた人妻っぽい魅力的な女性に興奮してしまったため、今回は初めから人妻風俗を利用することにしました。

俺が知ってる上野のデリヘルは、これまで若いデリヘル嬢ばかりが在籍している店でしたが、探してみると30代や40代の魅力的な人妻が在籍している人妻専門のデリヘルもたくさんあることを知りました。

その中から俺は、少し料金が高めな人妻デリヘルを利用することにしました。
料金が割高なのですが、最初からオプションがデフォルトされているという、逆にお得なシステムでした。

俺が宿泊していたホテルに到着した人妻デリヘル嬢は32歳の超美人!しかもスタイル最高!
プレイの最中、俺はスマタで満足できず、アナルセックスをお願いすると、意外にもスムーズにOKしてくれました。

少しばかりのチップを渡せば、高級デリヘルが超高級デリヘル対応になって120%楽しめました(笑)
たまには人妻系も刺激的です。

コメント

ご近所の目を気にする熟女です

「あら!こんにちは、どちらまで?」
お昼を過ぎたころ、私は毎日お買い物に出掛けます。

ご近所さんに会うと、必ず声をかけてくれる人ばかり。
上野でも、少し入り組んだところに住んでいれば、ご近所さんとのお付き合いも親しいのです。

「ちょっと買い物へ。あ、その後に電車に乗って娘のところへ」
買い物だけだと、帰りが遅いと心配するご近所さんもいらっしゃるので、私が上野のデリヘルに出勤する日は「娘のところ」へ行くことを伝えます。

実際には、娘のところなんて行きません。上野にある熟女専門のデリヘルに出勤するのです。
私は風俗嬢になって2年目の48歳、この歳になれば、娘の存在をちらつかせても不思議ではありません。
本当は私に娘なんていないのです。息子だっていません。
若い頃、一度だけ結婚をしましたが、すぐに破局。

その後は、一人で居場所を転々としながら暮らしています。
今の家がある上野に来たのも2年ほど前なのです。
ご近所は私と同年代から、ずっと上の熟女ばかり。ご近所付き合いはいいけれど、少し後ろめたい気持ちも。

私が働いている上野のデリヘルは、お客様がご指定される場所まで行ってからのサービス。
時に、私の自宅周辺のお宅に呼ばれちゃうと、またまたご近所さんの目が気になることも・・・

この歳になると、熟女デリヘルで働くのも色々と大変なのです(笑)

コメント

ドラマのような出来事

正月明け、サービス業の俺はやっと年末年始の休みをもらうことができました。
人が遊んでいるときに働き、人が汗水流して働いているとき休む、それがサービス業の宿命です(笑)

休みを利用して、俺の趣味でもある一人旅に出掛けました。
旅の途中、今は上野に住んでいる学生時代の友人に会うことになりました。

久しぶりに会えば、酒も飲んでしまうだろうと思い、その日は上野のホテルに宿泊することにしていました。
友達との再会で、ほろ酔い気分になった俺。
話も弾みましたが、友人は翌日の仕事が早いとのことで、終電を待たずに帰宅。

俺はホテルに戻り、ホテル内にあるラウンジで一人の見直すことに。
静かなラウンジには、俺と一人の女性しか客はいませんでした。

すると突然、離れたカウンター席に座っていた女性が俺の横に来て言うのです。
「お一人ですか?隣、いいですか?」と。
ちょうどその時、俺は密かに飲んだあとのことを考えていたのです。

“あと1杯飲んだら、部屋にもどって上野のデリヘルから40代くらいの人妻風俗嬢を呼ぼう”と。
そして、偶然ラウンジで俺の横に座ってきた女性も40代くらいの美しい女性でした。
二人で3杯ずつ酒を飲み、他愛も無い会話の途中、この女性は既婚者で人妻だということが判明。
人妻好きな俺には最高の瞬間と、美味しい酒を楽しんだあと、俺が部屋に誘うとした瞬間に、
「良かったら、私の部屋で飲みなおしませんか?」と女性のほうからお誘いが。

ドラマのような、夢のような出来事でした。

-AD-
上野デリヘル かわいい熟女 上野店

コメント

一般の女性が働きやすいエステのお店

風俗のお店で仕事をすることによってたくさんのお金を稼ぐことができるのでこの仕事をしたいと考えている女性は少なくありません。しかし実際に仕事をする場合において初めて会う男性に対して性的なサービスを提供する必要があるのでどうしても踏み出せない女性もいます。そのため風俗のお店である程度働いた経験のある女性であれば仕事をするのは問題がないのですが、この仕事をしたことがない一般の女性にとってはハードルが高い面もあります。

しかし風俗のお店の中にも一般の女性が働きやすいお店があり、それはエステのお店です。エステとはどのようなお店なのかというと男性のお客さんに対してマッサージのサービスを提供し、ところどころで男性の性的な感情を刺激するサービスを提供しているお店です。そのためメインのサービスがマッサージになるのであまり抵抗を感じることなくこの仕事をすることができます。

そして現在においていろいろな風俗のお店が求人を出して女性スタッフを募集していますが、その中でもエステのお店が出している求人に応募してくる女性がかなり多いです。応募してくる女性の中にはどこにでもいそうなごく普通の女性も少なくありません。実際にエステのお店に行ってサービスを受けてみると普通の女性が数多く働いているということがわかります。

コメント

デリヘルの求人は「送迎」も視野に入れておきましょう

デリヘルの求人情報でチェックすべき項目というのはたくさんあります。

「最低保証金額」など、保証が手厚い所は好印象ですし、明確な給与体系や仕事をした分、自分へのダイレクトな稼ぎとなるバック率を明記している所など、働く上で大事な項目をぼやかさずに書いている所を選ぶのは大前提です。

チェック項目には「送迎」という二文字もあるかもしれません。

デリヘルというのはどこかに出張してサービスを行うという業態なので、どうしても移動という時間が発生します。
お店にもよりますが、エリアを広く確保している店で、エリアぎりぎりのところから依頼があった場合、特に電車などでも行きにくい場所である場合は店側が用意した車に乗って移動するということにもなります。

遠方となると車に乗る時間が増えることにもなりますし、ドライバーと車内で長い時間過ごさないといけません。ドライバーが人当たりの良い人、優しい人などならいいですが、もしかしたら好みだからとH目的で口説いてきたり、なにか癖があって個人的に苦手だという人かもしれません。
さすがにドライバーの情報までは求人広告には載りませんし、在籍する女性達に不評であればドライバーも変えられるとは思いますが、万が一ということもありますから多少の覚悟もしておきましょう。

店側が用意する送迎は無料ですという店が多い中、悪質な店では送迎にお金をとるという所もありますから、送迎に関する事項も事前にチェックしておくといいでしょう。

コメント

彼女がデリヘルで・・・

bregwgrry

これまで我慢してきましたが、もう限界でした。
俺は25歳の社会人で、俺の彼女は21歳の大学生です。
彼女は、普段から俺のマンションに来て寝起きをする半同棲生活のような感じでした。

俺は仕事柄、銀行などに行く時間がないので、給料などの現金は自宅に置いていました。
最初に、「必要なときは、これ使っていいぞ」と言ってしまった俺も悪いのですが、
彼女は何の遠慮もなく、俺の金を持ち出して使う女でした。

家賃や光熱費などは銀行口座から引き落とされるので、そのまま給料の一部を口座に残していたので安心でしたが、
俺がプライベートで使う予定の金も平気で使ってしまう彼女にうんざりしている部分もありました。

そしてつに俺もブチ切れ。
友達と旅行に行くために保管しておいた金まで全部使ってしまったのです。
絶対に無理だと分かっていながら、俺は彼女に
「今週の土曜日までには絶対12万円つくってきて返せよな!!」と言ってしまいました。

大喧嘩の末、彼女は無言のまま俺のマンションを出て行ってしまいました。
そして3日後、彼女が突然やってきて封筒を手渡したのです。
その封筒には、14万円の現金が入っていました。

「4万円は餞別だから、何かお土産買ってきて!」と逆切れ状態。
どうやって金つくったのか聞くと、彼女は開き直って言いました。

「女なら簡単に稼げるもん!デリヘルとかで探せば3日で稼げる!」と・・・
彼女はデリヘルでバイトをして、3日間で14万円を稼いできてしまったのです・・・

俺が言ってしまった一言、ただただ後悔・・・

コメント